フクロウのエサ作りに取り組む日常をご紹介します(^^)
プロフィール

鈴フクロウ

Author:鈴フクロウ
当ブログの管理者は、フクロウ他鳥全般が大好きなminerva(カラフトフクロウ似)+アシスタントその1(コキンメフクロウ似)+アシスタントその2(インドオオコノハズク似希望)の計3名です。 かわいいペットフクロウの魅力を余すとこなくお伝えできるよう、がんばります!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事
参加しています
検索フォーム

電力使用状況&電気予報

カテゴリ
フリーエリア
リンク
FC2カウンター

最新コメント
ブロとも申請フォーム
フクロウファンの皆様、こんにちは!
フクフクフード・アシスタント1号です(・∀・)

先日某本をパラパラと見ていたら、感染予防の記事がありました。
手指の清潔を保つことは、衛生管理の第一歩! というわけで、飼い主さん&フクロウさんを病原菌から守るための参考になるかと思いましたので、こちらでもご紹介いたします(^^)/

読むと当たり前のことばかりですが、 「なるほど!」 と改めてうなずく部分もありますので、どうぞ参考になさって下さいね!(^^)!



実践!手指からの感染を防ぐ

◎以下の場合、石鹸+流水による手洗いをしましょう
 1.目に見える汚れがあるとき
 2.食事の時
 3.トイレの後
 4.手袋を外した後

◎以下の場合、消毒薬による手指の消毒をしましょう
 (消毒薬による手指の消毒は、消毒成分の入った石鹸よる手洗い、または擦り込み式消毒用アルコール製剤を用いる、等の方法があります)
 1.フクロウと密に接する前
 2.フクロウの排泄物や汚れのついた道具を取り扱った後
 3.掃除の後


* 手袋の使用中、手の表面で細菌が急速に増殖することがあります。 手袋を使って掃除した場合も、外した後は手洗いをしましょう。

* 手が濡れたままだと微生物感染の機会を増やすので、手洗い後は十分乾燥させましょう。

* 手荒れで皮膚損傷があると、黄色ブドウ球菌が定着する可能性が高くなります。 ハンドクリームなどで皮膚の保護を図りましょう。


kin14212.jpg
食中毒、怖いよね~







★フクフクフード・ホームページのURLが変わりました! ⇒ http://fukufukufood.com/
★本日もお読みいただきまして、どうもありがとうございます<(_ _)>
 キンちゃんの応援、ポチッとよろしくお願いします!
にほんブログ村 鳥ブログ フクロウ・猛禽類へ
にほんブログ村
・・・

<< 丸い!コキンメ // ホーム // 初めてのフクロウ飼いの方! >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://rinowl.blog.fc2.com/tb.php/708-85d18972
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //