フクロウのエサ作りに取り組む日常をご紹介します(^^)
プロフィール

鈴フクロウ

Author:鈴フクロウ
当ブログの管理者は、フクロウ他鳥全般が大好きなminerva(カラフトフクロウ似)+アシスタントその1(コキンメフクロウ似)+アシスタントその2(インドオオコノハズク似希望)の計3名です。 かわいいペットフクロウの魅力を余すとこなくお伝えできるよう、がんばります!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事
参加しています
検索フォーム

電力使用状況&電気予報

カテゴリ
フリーエリア
リンク
FC2カウンター

最新コメント
ブロとも申請フォーム
全国のフクロウファンの皆様、こんにちは!
フクフクフード・アシスタントでございます(*^_^*)


盲腸」と言われて、ぱっと思い浮かべるのは、人間の盲腸(虫垂炎)かと思います。
でも本来「盲腸」というのは、臓器のお名前…大腸の一部の名称です。

盲腸は人間では退化してあまり使われていないと言われていますが、大きな盲腸をもつ生き物もいます。彼らは主に植物を食べている動物で、盲腸の中には有用微生物が住みついて、セルロース等の消化の手助けをしています。

そんなわけで、一般的には ウマ とか ウサギ とか ニワトリ とかの草食動物が、盲腸が発達しています。

しかし! 

我らが フクロウ も、なぜか?! 肉食なのに、大きな盲腸を持っているのは、有名なお話です。
何でフクロウが発達した盲腸を持っているのか?その理由は、残念ながら未だ分かっておりません(>_<)

一方、バリバリの草食系、木の実や果物などを食べている インコ では、逆に盲腸が退化してしまっています。 
こちらも、なぜなんでしょうね?? やっぱり理由は分かってないです。

インコやフクロウは鳥としてちょっと変わっているから、独自の進化をとげたんでしょうか?
生き物って、面白いですね(^o^)


kin791.jpg 
なぜか盲腸あり…コキンメフクロウ


 kin241.jpg
なぜか盲腸なし…セキセイインコ









★フクロウ情報満載! フクフクフードはこちらから ⇒ http://rinowl.la.coocan.jp/

★本日もお読みいただきまして、どうもありがとうございました! 
盲腸話に「へえぇ~!」と感心した方! ぽちっ!と応援頂けると嬉しいです(*^_^*)
にほんブログ村 鳥ブログ フクロウ・猛禽類へ
にほんブログ村
・・・



<< キンちゃん、ゴハンだよ~ // ホーム // 夏のフクロウ >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://rinowl.blog.fc2.com/tb.php/562-63712ed2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //