フクロウのエサ作りに取り組む日常をご紹介します(^^)
プロフィール

鈴フクロウ

Author:鈴フクロウ
当ブログの管理者は、フクロウ他鳥全般が大好きなminerva(カラフトフクロウ似)+アシスタントその1(コキンメフクロウ似)+アシスタントその2(インドオオコノハズク似希望)の計3名です。 かわいいペットフクロウの魅力を余すとこなくお伝えできるよう、がんばります!

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事
参加しています
検索フォーム

電力使用状況&電気予報

カテゴリ
フリーエリア
リンク
FC2カウンター

最新コメント
ブロとも申請フォーム
日本全国フクロウファンの皆様、こんにちは!
フクフクフード・アシスタントでございます。 札幌は  の予感です(;_:)


野生のオオコノハズクを一時保護した方から、その時利用したエサに関する情報を頂きました! もし同じような状況の方がいらっしゃれば、参考になると思いまして、掲載の許可を頂きました。ご協力いただきました騰川様、貴重な情報をどうもありがとうございました<(_ _)>

野生のオオコノハズクが食べたのは、ダンゴムシ、バッタ、ナメクジ、イモムシ、甲虫類、ゲジゲジ、ミミズ、幼虫類、ミルワーム、サシ、フクフクフードなどです。ミミズは長いままだとほとんど食べませんでしたが、ハサミで2㎝位に切ると残さず食べました。コガネムシやカブトムシの幼虫は特に好んで食べ、やはり昆虫は好きなようです。また、40℃に温めたフクフクフードも残さず食べました。一方、スーパーで売っている処理された鶏肉は残したので、やはり血、羽、骨、内臓などがついている、生々しいものが大好きなようです。
(*オオコノハズクはその後施設に移り、放鳥とのことです)


こちらもご参照ください♪ → http://rinowl.blog.fc2.com/blog-entry-290.html


ookonoha.jpg
* オオコノハズク * 



Q: 野生のフクロウを保護しましたが、どうすればよいでしょうか?

A: 野鳥を個人で飼うことは法律上できませんので、各市町村の鳥獣保護課などに連絡し、指示を仰いでください。
緊急で一時保護する場合は、段ボール箱などに入れ(周りが見えなければ暴れずに済みます)、25度くらいの暖かい所へ置いてあげてください。もしエサを与える必要があれば、40℃くらいに温めたフクフクフードを利用することも可能です。









★ただ今 クリスマス☆キャンペーン 実施中!
 フクフクフードはこちらから ⇒ http://rinowl.la.coocan.jp/

★本日もお読みいただきまして、どうもありがとうございました!
 ぽちっ!と応援頂けると嬉しいです(*^_^*)
にほんブログ村 鳥ブログ フクロウ・猛禽類へ
にほんブログ村
・・・
<< ふくろうのみせ ! // ホーム // レビューにコメント、ありがとう! >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://rinowl.blog.fc2.com/tb.php/432-18e553d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //