フクロウのエサ作りに取り組む日常をご紹介します(^^)
プロフィール

鈴フクロウ

Author:鈴フクロウ
当ブログの管理者は、フクロウ他鳥全般が大好きなminerva(カラフトフクロウ似)+アシスタントその1(コキンメフクロウ似)+アシスタントその2(インドオオコノハズク似希望)の計3名です。 かわいいペットフクロウの魅力を余すとこなくお伝えできるよう、がんばります!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事
参加しています
検索フォーム

電力使用状況&電気予報

カテゴリ
フリーエリア
リンク
FC2カウンター

最新コメント
ブロとも申請フォーム
みなさん、こんにちは。
○○の秋という事で、読書をしてみました!
白水社から出版されている『フクロウ その歴史・文化・生態』(著:デズモンド・モリス 訳:伊達淳)という本です。
内容的には、フクロウがどんな生き物かという事ももちろんなのですが、美術品から見たフクロウと人間の関係の歴史等も詳しく書いてあるので、読み終わった後まるでフクロウの美術館にでも行ったかのような気分になる1冊でした。
芸術にも興味のある方は特におススメの1冊かもしれません!
ピカソもフクロウと関係あったんですねぇ…

さてその本から、いきなりですが、クイズです。

このフクロウさんはなんという種類でしょ~か?

Elf Owl, Micrathene whitneyi, immature / Bill Bouton


このフクロウさん、ビックリなのが体の大きさ!
体長は…な、なんと14㎝程度で、体重も40gぐらいしかないそうです…∑( ̄[] ̄;)!ホエー!!
あのアカスズメフクロウさんよりもさらに小さく、正に、世界最小のフクロウさんなのです!!
こんな小さな体では哺乳類や鳥は食べられませんので、コオロギやキリギリス、バッタのような昆虫を食べているようです。
時にはムカデやサソリまで…( ̄■ ̄;)え!?
どうやって捕まえるんでしょうね…

さてさて、そろそろ正解の発表を…
ご存知の方も多いかと思いますが、正解は…


サボテンフクロウさんです!

その名の通り、メキシコやアメリカ南部で大きなサボテンの中に巣を作って暮らしていて、仔犬みたいにクンクン鳴くそうですよ❤

実際に見てみたいなぁ~(´ー`*)。・:*:・ポワァァン






<< 三角△顔 なコキンメフクロウ // ホーム // コキンメフクロウの日常 >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://rinowl.blog.fc2.com/tb.php/404-77a6aa86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //