フクロウのエサ作りに取り組む日常をご紹介します(^^)
プロフィール

鈴フクロウ

Author:鈴フクロウ
当ブログの管理者は、フクロウ他鳥全般が大好きなminerva(カラフトフクロウ似)+アシスタントその1(コキンメフクロウ似)+アシスタントその2(インドオオコノハズク似希望)の計3名です。 かわいいペットフクロウの魅力を余すとこなくお伝えできるよう、がんばります!

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事
参加しています
検索フォーム

電力使用状況&電気予報

カテゴリ
フリーエリア
リンク
FC2カウンター

最新コメント
ブロとも申請フォーム
フクロウファンの皆様、こんにちは! フクフクフード・アシスタントでございます(*^_^*)
今日も微妙に雪の札幌。でもは近いです!!



先日、札幌大通りにある大きな本屋さん「MARUZEN&ジュンク堂書店」に行ってきました! そして、フクロウ本でも見てみようかな~と思ったら・・・

なんと、ありましたよ! 「フクロウのコーナー」 が(^_^)v
と言っても、そんなにたくさん本があるわけではないのですが…
それでもちゃんと表示があるだけでもフクロウファンには嬉しい限り(^.^)

フクロウ本は写真集が多かったのですが、中には飼育本や生態本などもありました。
そしてアシスタントが選んだのは↓




フクロウ  その歴史・文化・生態

fukuhon.jpg

デズモンド・モリス著 / 伊達淳訳



この本は有名なフクロウブログでも、先日紹介されておりました!
そして帯には 知恵の鳥」は賢くない? とあります…(^_^;)

著者は「裸のサル」を書いた、イギリスの著名な動物行動学者です。 ちょっと目次をみてみると、科学的な本というより、文化的な面からフクロウを紹介している本のようです。
内容は、読んでからのお楽しみ♪ ということで、読んだらまたご報告いたします(^O^)






★フクロウ情報満載! フクフクフードはこちらから ⇒ http://rinowl.la.coocan.jp/

★本日もお読みいただきまして、どうもありがとうございました!
にほんブログ村 鳥ブログ フクロウ・猛禽類へ
にほんブログ村
<< アメリカワシミミズクが… // ホーム // ニシアメリカオオコノハズクのエサ・レポート >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://rinowl.blog.fc2.com/tb.php/266-e02d6ddb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //