フクロウのエサ作りに取り組む日常をご紹介します(^^)
プロフィール

鈴フクロウ

Author:鈴フクロウ
当ブログの管理者は、フクロウ他鳥全般が大好きなminerva(カラフトフクロウ似)+アシスタントその1(コキンメフクロウ似)+アシスタントその2(インドオオコノハズク似希望)の計3名です。 かわいいペットフクロウの魅力を余すとこなくお伝えできるよう、がんばります!

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事
参加しています
検索フォーム

電力使用状況&電気予報

カテゴリ
フリーエリア
リンク
FC2カウンター

最新コメント
ブロとも申請フォーム
こんにちは、フクフクフード・アシスタントでございます(^O^)
今日は朝から電線でシジュウカラが鳴いていました! お目にかかれてラッキー☆ です。




さて弊社はフクロウのエサ・加工冷凍ヒヨコを扱っておりますが、実際「ヒヨコってどうよ?」と思っている方もいらっしゃると思います。 そこで本日は、ヒヨコのおいしさについて語ってみたいと思います!(^^)!


ズバリ、ヒヨコ(初生雛)は、美味しいのです!


…なんて、これは実際のところ、フクロウになってみなければ分かりません(>_<)

しかしヒヨコを食べていると、他のエサには見向きもしなくなるフクロウが多く、逆にマウスしか食べていないフクロウだと最初、ヒヨコを嫌がりますが、食べてみると案外イケるようで、その後はきちんと食べるようになるコがほとんどです。まあ、ピンクマウスなどは人間が見ても 「おいしそう!」 なので、別物だったりするのですが。ということで、マウスの 大きさ&質 にもよると思います(^.^)

あと、昆虫しか食べなかったフクロウにマウスとヒヨコを与えた場合、やはり、どちらも嫌がります(;_:) でも慣れてくると最終的に好んで食べるのは、圧倒的にヒヨコです。

ウチは違う!」という方も、もちろんいらっしゃると思います。人間だって、好き嫌いがありますからね! フクロウにも好みがあって、当然です。 あくまでも傾向として…のお話です。


それでは一体、ヒヨコのどこがおいしいのか?


考えたところ、やはり水分が多く(79.1%)ジューシーなんじゃないかと思います(*^_^*)
小型フクロウの中にはあまり好んで水を飲まないコもおりますので、エサから水分が取れれば一石二鳥ですね! ただし水分が多いということは、裏を返せば傷みやすい(腐りやすい)ということでもありますので、扱いには十分な注意が必要です<(_ _)>




kin44.jpg 
マウスもいいけど、ヒヨコもね!





: フクロウの本来の食性を考えると、さまざまなエサ動物からさまざまな栄養素をとる方が好ましく、食生活も豊かになります。 決して初生雛のみを食べるよう、お勧めしているわけではありません。
(*本文は獣医師監修のもと掲載されております)








★フクロウのごはん・フクフクフードのご用命はコチラから ⇒ http://rinowl.la.coocan.jp/

★本日もお読みいただきまして、どうもありがとうございました!
 にほんブログ村 鳥ブログ フクロウ・猛禽類へ
にほんブログ村



<< 丸いフクロウ // ホーム // 山階鳥研NEWSの表紙が >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://rinowl.blog.fc2.com/tb.php/235-7e2cd5ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //