フクロウのエサ作りに取り組む日常をご紹介します(^^)
プロフィール

鈴フクロウ

Author:鈴フクロウ
当ブログの管理者は、フクロウ他鳥全般が大好きなminerva(カラフトフクロウ似)+アシスタントその1(コキンメフクロウ似)+アシスタントその2(インドオオコノハズク似希望)の計3名です。 かわいいペットフクロウの魅力を余すとこなくお伝えできるよう、がんばります!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事
参加しています
検索フォーム

電力使用状況&電気予報

カテゴリ
フリーエリア
リンク
FC2カウンター

最新コメント
ブロとも申請フォーム

全国フクロウファンの皆様、こんにちは!
今日は積雪でツルツル路面の札幌から、フクフクフード・アシスタントがお送りいたします(*^_^*)



弊社ホームページに掲載している、大人気!野生フクロウのエサ紹介コーナー。
コチラに掲載するための、新たなフクロウ仲間のレポートが仕上がってまいりました!(^^)!

オオフクロウです♪

少し黒いお顔が、ほかのフクロウとは違った魅力をかもし出しています!
そんなオオフクロウは、野性下では、一体どんなエサを食べているのでしょうか?



オオフクロウ(Brown Wood Owl)
野生下におけるオオフクロウのエサは小型の哺乳類、小型の鳥類、爬虫類、大型の昆虫類などです。哺乳類の中ではネズミなどのげっ歯類を中心に、トガリネズミの仲間なども捕食しています。さらにジャワで採取された標本には、胃内にフルーツコウモリの食渣も含まれていました。また、魚類を捕食するという報告もあります。北半球ではオオフクロウの獲物として鳥類が他のエサ動物より重要な地位を占めています。ハトやムクドリのような小型の鳥のみならず、キジくらいまでの大きさの鳥なら捕食します。なかでもヤマウズラをより好んで捕獲します。
オオフクロウは、基本夜行性です。



小型動物なら、なんでも食べているようですね(^_^;)
やはりまんべんなく食べることで、栄養状態も良好に保てるのでしょうか(^O^)




ou1.jpg





★加工冷凍ヒヨコ・フクフクフードのご用命はコチラから ⇒ http://rinowl.la.coocan.jp/

★本日もお読みいただきまして、どうもありがとうございました!
にほんブログ村 鳥ブログ フクロウ・猛禽類へ
にほんブログ村




<< お試しセットのご案内 // ホーム // フクロウの目の秘密 >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://rinowl.blog.fc2.com/tb.php/199-411aa7bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //