fc2ブログ
フクロウのエサ作りに取り組む日常をご紹介します(^^)
プロフィール

鈴フクロウ

Author:鈴フクロウ
当ブログの管理者は、フクロウ他鳥全般が大好きなminerva(カラフトフクロウ似)+アシスタントその1(コキンメフクロウ似)+アシスタントその2(インドオオコノハズク似希望)の計3名です。 かわいいペットフクロウの魅力を余すとこなくお伝えできるよう、がんばります!

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最新記事
参加しています
検索フォーム

電力使用状況&電気予報

カテゴリ
フリーエリア
リンク
FC2カウンター

最新コメント
ブロとも申請フォーム
日本全国のフクロウファンの皆様、こんにちは!!
フクフクフード・アシスタント1号です(^∇^)ノ


本日はちょっと分厚い「鳥類学」という本をご紹介いたします(=∀=)

タイトルの通り、本書は鳥に関する学術書で、
内容は鳥類の起源から始まって、行動や生態、生活史や保全に至るまで、
まんべんなく 「」 が網羅されております!

ただ 「」 と一口に言っても、スズメやニワトリ、インコなど多岐にわたり
その数は8600種類にも上ります。
もちろん我らがフクロウに関する情報もちょこちょこ登場しています。



41UErUXBYHL.jpg



本をめくって一番最初に目についたのは、 「フクロウの脳の大きさ」 に関するレポートです!
鳥の中でも、意外と(?)大きいらしいということが書いてありましたよΣ(´Д`*)



「トリアタマ」 などと表現されることもある 「鳥の脳」 ですが、
そのような一般見識に反して、実は大変よく発達していることが分かっていますv(o゚∀゚o)v

体の大きさで比較すると、鳥の脳は爬虫類に比べ6~11倍の大きさがあり、
体重換算では哺乳類と同じく、2~11%にもなるそうです!



kin086_convert_20110918085939.jpg


そんな、思っている以上に大きな脳を持つ鳥ですが、
もちろん 脳が大きい=知能が高い ということではありません。
でも小さいよりも大きい方が、より多くの情報を処理できそうです(*^_^*)


「フクロウの脳は大きいらしい…」 ファンとしては、ちょっと嬉しいお話しでした.゚+.(・∀・)゚+.
次回はもう少し、 鳥とフクロウの脳 についてご紹介したいと思います!















★フクフクフード・ホームページもご覧ください! ⇒ http://fukufukufood.com/
★本日もお読みいただきまして、どうもありがとうございます<(_ _)>
ぽちっ!と応援頂けると嬉しいです(*^_^*)
にほんブログ村 鳥ブログ フクロウ・猛禽類へ
にほんブログ村
・・・






<< フクロウの脳の大きさ② // ホーム // 毎月恒例?! このフクロウは、何でしょう? >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://rinowl.blog.fc2.com/tb.php/1398-a569e355
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //