fc2ブログ
フクロウのエサ作りに取り組む日常をご紹介します(^^)
プロフィール

鈴フクロウ

Author:鈴フクロウ
当ブログの管理者は、フクロウ他鳥全般が大好きなminerva(カラフトフクロウ似)+アシスタントその1(コキンメフクロウ似)+アシスタントその2(インドオオコノハズク似希望)の計3名です。 かわいいペットフクロウの魅力を余すとこなくお伝えできるよう、がんばります!

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最新記事
参加しています
検索フォーム

電力使用状況&電気予報

カテゴリ
フリーエリア
リンク
FC2カウンター

最新コメント
ブロとも申請フォーム
全国のフクロウファンの皆様、こんにちは!!
フクフクフード・アシスタント1号です(^-^)


2月の外国製・フクロウカレンダーのモデルは、シロフクロウでした!!

IMG_0042.jpg

写真に写っているのは、薄黒いまだら模様が入っているので、若いオスでしょうか…?
シロフクロウは羽色の違いで雌雄の判別ができる、珍しいフクロウとして知られていますヾ(・∀・)ノ


一般にフクロウ類は羽の色が雌雄同色です!
オスメスで体重&体格差のある種もいますが、パッと見では違いが分かりにくいです(>_<)
一方、鳥類全体ではクジャクのように羽色が雌雄で全く異なる種類沢山が存在します!


それでは「シロフクロウ」以外にも、フクロウの仲間にはオスメスで羽色が違う種類は、いるのでしょうか???
早速調べてみることに!!!




すると…




「タスマニアメンフクロウ」というフクロウがヒットしましたよ\(^o^)/

何でもこのフクロウはメスがオスより羽色が濃くて、顔盤も体も濃い目の灰茶色なんだとか。
一方のオスは顔盤も体も薄い白系
若い時はシロフクロウと同じく、オスも濃い羽の色をしていて、年齢が上がるごとにだんだん色が薄くなってくるとのこと!


見た目で性別が分かるって、その分個体情報が増えるので、人間からすればありがたいですよねヾ(o´∀`o)ノ


結論。

羽で性別が見分けられる珍しいフクロウは、シロフクロウ以外にもいました!!!
タスマニアメンフクロウ★★★
皆さん、ぜひぜひお見知りおき下さいね♪

また他にも情報がありましたら、改めてご紹介いたします(^-^)/













★フクフクフード・ホームページもご覧ください! ⇒ http://fukufukufood.com/
★本日もお読みいただきまして、どうもありがとうございます<(_ _)>
ぽちっ!と応援頂けると嬉しいです(*^_^*)
にほんブログ村 鳥ブログ フクロウ・猛禽類へ
にほんブログ村
・・・
全国のフクロウ&フクロウファンの皆様、こんにちは!!
フクフクフード・アシスタント1号です(^-^)



先日のブログで、「鳥の中でもフクロウの脳は大きいらしい…」というお話をしましたが。


41UErUXBYHL.jpg
参考図書



鳥類全体の 「」 について、もう少し詳しくお話しすると…

鳥の脳はよく発達していて、その大きさは体重換算で 2~11% にものぼることが分かっていますΣ(´Д`*)

一方、哺乳類の脳には深いしわが特徴的な「大脳皮質」 があって、この部分が高度な学習や認知などの能力を司っています。

かたや鳥は昔、前脳の大部分は原始的な線条体領域が広がったものと考えられていて、哺乳類のように高度な情報処理は難しいのではと思われていました。でも現在では、鳥の前脳の大半は外套の神経細胞からできていることが分かりました。

これは哺乳類とは構造が異なる「鳥特有の大脳皮質」で、哺乳類の大脳皮質と相同の機能を司っています。鳥類は認知能力が相当にあるうえ、優れてもいるんですね(^∇^)


そんな知的生物である鳥類の中でも、フクロウの脳は大きいらしいのですΣ( ̄。 ̄ノ)ノ



kin65_convert_20111108041937.jpg


その根拠となるのが、876種の鳥で脳重量と体重との関係を調べたRicklefs (2004)の研究です!オウム、カラス、キツツキ、サイチョウ・・・そして我らがフクロウも、平均して脳が大きいことが分かりました。大きな脳を持っていれば、それだけより多くの情報を処理できそうです!(^^)!

特にフクロウは、暗闇のわずかな光や小さな音で獲物を探し出すことができるので、映像や音の処理能力などに長けていそうですね!かたやオウムやカラスなどは、記憶やコミュニケーションなんかが得意そう(-∀-)


同じ鳥類でもその種類に合った様々な能力が備わっているのが、とても興味深いですね(´∀`*)














★フクフクフード・ホームページもご覧ください! ⇒ http://fukufukufood.com/
★本日もお読みいただきまして、どうもありがとうございます<(_ _)>
ぽちっ!と応援頂けると嬉しいです(*^_^*)
にほんブログ村 鳥ブログ フクロウ・猛禽類へ
にほんブログ村
・・・
日本全国のフクロウファンの皆様、こんにちは!!
フクフクフード・アシスタント1号です(^∇^)ノ


本日はちょっと分厚い「鳥類学」という本をご紹介いたします(=∀=)

タイトルの通り、本書は鳥に関する学術書で、
内容は鳥類の起源から始まって、行動や生態、生活史や保全に至るまで、
まんべんなく 「」 が網羅されております!

ただ 「」 と一口に言っても、スズメやニワトリ、インコなど多岐にわたり
その数は8600種類にも上ります。
もちろん我らがフクロウに関する情報もちょこちょこ登場しています。



41UErUXBYHL.jpg



本をめくって一番最初に目についたのは、 「フクロウの脳の大きさ」 に関するレポートです!
鳥の中でも、意外と(?)大きいらしいということが書いてありましたよΣ(´Д`*)



「トリアタマ」 などと表現されることもある 「鳥の脳」 ですが、
そのような一般見識に反して、実は大変よく発達していることが分かっていますv(o゚∀゚o)v

体の大きさで比較すると、鳥の脳は爬虫類に比べ6~11倍の大きさがあり、
体重換算では哺乳類と同じく、2~11%にもなるそうです!



kin086_convert_20110918085939.jpg


そんな、思っている以上に大きな脳を持つ鳥ですが、
もちろん 脳が大きい=知能が高い ということではありません。
でも小さいよりも大きい方が、より多くの情報を処理できそうです(*^_^*)


「フクロウの脳は大きいらしい…」 ファンとしては、ちょっと嬉しいお話しでした.゚+.(・∀・)゚+.
次回はもう少し、 鳥とフクロウの脳 についてご紹介したいと思います!















★フクフクフード・ホームページもご覧ください! ⇒ http://fukufukufood.com/
★本日もお読みいただきまして、どうもありがとうございます<(_ _)>
ぽちっ!と応援頂けると嬉しいです(*^_^*)
にほんブログ村 鳥ブログ フクロウ・猛禽類へ
にほんブログ村
・・・






日本全国のフクロウファンの皆様、こんにちは!!
フクフクフード・アシスタント1号です(^-^)/


営業部長、コキンメフクロウのキンちゃんの性別は、オス
これは、遺伝子検査で判明したものです。
コキンメフクロウは、見た目だけではなかなか雌雄の判別ができません(>_<)


kin231015.jpg キンちゃんは、♂



でも実は、野生のコキンメフクロウを見てみると、メスの方が若干大きいのです!
雌雄で体重を比べたら、20~50gも、メスの方が重たいそうΣ(´Д`*)
屋外で2羽並んでいたら、間違いなく大きい方が「メス」ですね!

コキンメに限らず、フクロウ類は、たいていオスよりメスの方が大きな体をしています。
それではペットのフクロウも、見た目で性別が判断できるのか?というと、
実はこれが、なかなか難しいのです((((;´・ω・`)))

ペットフクロウは、体格の個体差が大きいので、
見た目の大きさだけで判断するのは、間違いのモト。
それに、たいていは1羽で飼っているため、他と比べようがないんですよね(´・_・`)

そんなわけで、「フクロウの性別が知りたい!」と思ったら、
やっぱり、遺伝子検査が必要になってしまいます。

あとは・・・、卵を産んだら、メス!!!
この事実さえあれば、間違いないです(*’U`*)










★フクフクフード・ホームページもご覧ください! ⇒ http://fukufukufood.com/
★本日もお読みいただきまして、どうもありがとうございます<(_ _)>
ぽちっ!と応援頂けると嬉しいです(*^_^*)
にほんブログ村 鳥ブログ フクロウ・猛禽類へ
にほんブログ村
・・・
全国のフクロウ&フクロウファンの皆様、こんにちは!!
フクフクフード・アシスタント1号です(^∇^)ノ


8月のフクロウカレンダーに登場していたコミミズクについて調べるため、
↓コチラの野鳥の本を参照いたしましたヽ(´∀`)ノ


kin230802.jpg


本の中には、コミミズクの特徴として
「短い羽角。ほとんど見えないこともある。」 
と書かれていました。


コミミズクは名前のとおり、羽角(ミミ)が小さく、あまり見えません(´・_・`)

それでは、一体どれくらい見えないのでしょうか?

同本に載っていたコミミズク・ギャラリーを見てみると…


kin230803.jpg



この中で、羽角(ミミ)が見えるのは…



kin230804.jpg



6羽中、3羽。


コミミズクの羽角が見える確率は、 50% でした~(*≧∪≦)














★フクフクフード・ホームページもご覧ください! ⇒ http://fukufukufood.com/
★本日もお読みいただきまして、どうもありがとうございます<(_ _)>
ぽちっ!と応援頂けると嬉しいです(*^_^*)
にほんブログ村 鳥ブログ フクロウ・猛禽類へ
にほんブログ村
・・・

// ホーム // 次のページ >>